Other 2018/03/20 20:41:56

Allegory創作シリーズvol,1 ダンス×音楽×美術館パフォーマンス《FuReRu》思考を拡張する遊び場

 

 

ーAllegory創作シリーズvol, 1ー

ダンス×音楽×美術館パフォーマンス

 

 

「FuReRu 」思考を拡張する遊び場

 

 

伊東歌織

京極朋彦

鯨井謙太郒

成田千絵

 

 

2018年

5月26日(土) 18時開演

5月27日(日) 15時開演    (終演後アフタートーク&交流会あり)

開場は20分前

・アフタートークゲスト 石神夏希(劇作家/NPO法人「場所と物語」理事長/ぺピン結構設計)

 

〈料金〉

前売 2,000円/ 当日2,500円

 

 

〈ご予約・お問い合わせ〉

・予約フォーマット:https://ws.formzu.net/fgen/S58080340/

・E-MAIL:allegory.sousaku@gmail.com

 
 
【関連ワークショップ】オイリュトミー+ダンス+音

 

 

4/18(水)    13:00~16:00 / 2,000円

オイリュトミー+ダンス

「絵画を踊ってみる」

鯨井謙太郒+京極朋彦

 

 

4/19(木) 13:00~16:00 / 2,000円

オイリュトミー+ダンス

「空間とからだで遊ぶ&物語を探る」

鯨井謙太郒+伊東歌織

 

 

ダンス経験のない方、シニアの方もご参加頂けます。

両日とも響きの素晴らしい空間で音を感じながら体を動かす時間もあります。

(演奏・成田千絵)

 

 

【会場】

宇フォーラム美術館

〒186-0002 東京都国立市東4-21-10

TEL&FAX : 042-580-1557

・電車:中央線国立駅駅南口を出て、大学通りを南へ約20分。

・バス:国立駅前バス停6番より「第3小学校」下車徒歩5分

 

 

伊東歌織

(ダンサー・振付家)

1980年生まれ。2012年よりダンスプロジェクト『アマキオト』を主宰。「身体は所詮、お供えもの?」をコンセプトに劇場以外の空間からテーマを紐解き振付方法を模索している。代表作「四角形のゆううつ~デュオバージョン~」が横浜ダンスコレクション2016コンペティションⅠにて奨励賞を受賞。2015年より多田淳之介主宰・東京デスロックに所属し、国内ツアーをはじめ海外での滞在制作にも参加。また、近年では日本女子体育大学ダンスプロデュース研究部主催公演にて初の群舞作品を振付。2017年より創作過程とアーティスト同士の交流を重視したAllegory創作シリーズを始動。https://amakioto.weebly.com/

 

 

京極朋彦

(ダンサー・振付家)

京都造形芸術大学、映像・舞台芸術学科卒業後、 国内外の振付家の作品に出演。ソロダンス『カイロー』は今までに4か国9都市で上演された。2012年「京極朋彦ダンス企画」設立と同時に若手作家の作品発表と交流の場として「KYOTO DANCE CREATION」を創設。

平成27年度文化庁新進芸術家海外派遣事業研修員としてウィーンに滞在した他、中国、メキシコ、韓国等でワークショップや作品発表を行ってきた。

 

 

鯨井謙太郒

(オイリュトミスト、ダンサー)

宮城県仙台市出身。2002年より笠井叡に師事。天使館の国内外の公演に数多く出演する。2010年、ユニット「CORVUS」を定方まことと共に結成。東京、仙台を中心に舞台活動、ワークショップ、ラジオ放送室など多面的な活動を展開する。2015年、自身によるプロジェクト「KENTARO KUJIRAI コンペイトウ」を始動。さまざまな表現のボーダーを越境した作品を精力的に発表する。近年は、ISSEY MIYAKEのイメージモデル、CS番組『LIVE!Edge』出演など、多方面で活躍中。国立市では2012年より毎月オイリュトミー・ワークショップを行っている。

http://kujiraikentaro.com

 

 

成田千絵

(チェリスト・シンガーソングライター・即興演奏家)

幼少からエレクトーンとフルートを始め、1994年チェロに出会う。故・井上頼豊氏に師事。渡印してヨガを学び、心身と音楽がよりリンクするようになり演奏活動を始める。様々なバンドに参加してチェロの可能性を模索したのち、2012年冬にソロをスタート。チェロ弾き語りという未知の世界に描くように音を散りばめて、独自の世界観で物語る。2014年秋に1stアルバム「mani」、2016年秋に2ndアルバム「碧い絵」を発表。感覚と時と場を大切に、様々なアーティストとパフォーマンスを行う。

http://chiecello.com/index.html

 

 

平松輝子

(画)

1921年東京生まれ。アメリカ、ドイツ等で展覧会を多数行う。帰国後は墨の大作、インスタレーションを数多く発表すると共に、アーチストを支援する宇フォーラム美術館を設立。

 

 

協賛

公益財団法人 くにたち文化・スポーツ振興財団

主催

Allegory創作シリーズ実行委員会

 

Other 2016/07/27 02:37:57

《福島うぶすなフェス「よみがえりの風」》

8月20日(土)に一夜限りのイベント《福島うぶすなフェス「よみがえりの風」》が開催されます。

この企画は、福島で活動されている詩人、及川俊哉さんを中心に設立された「ことのは」という団体の初めての主催事業で、「詩と踊りと音楽」による公演です。

及川さんとは、3年前、ワタリウム美術館で行なわれた「寺山修司展」の関連イベントで、詩人の城戸朱理さんとコラボレーションした時に初めてお会いしました。

以来、さまざまな交流を重ねてきましたが、昨年、仙台ポエトリーフェスで初共演し「現代祝詞とオイリュトミー」というパフォーマンスを行ないました。

今回の公演は、及川俊哉さんの朗読と、野口泉、定方まこと、鯨井の3名のオイリュトミスト、そしてCORVUS作品や《タマユラ》でも共演しているピアニスト、二瓶通さんとのコラボレーションになります。

会場は福島市の本法寺。
福島駅近くにある、百人以上は入れそうなとても大きなお寺です。

演目は、及川さんが唱える、蝦夷の神アラハバキの復活を願う「現代祝詞」や、詩集「ハワイアン弁財天」、そして二瓶さんの演奏するJ.S.バッハのシャコンヌ・ブゾーニ版など。

8/20日には、多くの方とその現場を共有できることを願っています。

blogger-image-117635834

blogger-image-1156286596

Other 2016/01/25 02:53:42

美学校・合同公開授業《画家TOJUさんに聞く》

TOJUさんのトークイベントが、今週の29日(金)、美学校にて開催されます。

TOJUさんは仙台在住の画家で、僕の父でもあります。

仙台で40年近く活動していますが、いつからか美術界のメインストリームから外れて、なかなかアウトサイダーな変人になりつつあります。

今回、演出家の生西康典さんとのご縁や、思わぬめぐり合わせによってこの会が実現する運びとなりました。

どんな話しが展開されるのか皆目見当つきませんが、きっと何らかのインスピレーションを受け取ってもらえるのではないかなと思います。

1/29(金)

美学校
【合同公開授業】
(実作講座「演劇 似て非なるもの」+絵と美と画と術)

『画家TOJUさんに聞く』

19時開場
19時半開演
入場料1000円

当日はTOJUさんの作品も一点運びこまれ、実際に観ることができるそうなので、ご興味のある方、フラリとお越しくださいませ。

美学校のwebサイト→
http://bigakko.jp/event/2016/toju

TOJU研究ノートより

blogger-image-714974745

Other 2016/01/04 02:57:11

謹賀新年!!

明けましておめでとうございます。

旧年中は、本当にさまざまな方に支えられながら、今までにない新たな活動を展開することが出来た一年でした。
お世話になりました皆さまに、心から感謝申し上げます。

たくさんの人や、物事や、作品や、身体とめぐりあいながら、眼に見えるものだけではない力を、これまでになく感じることが多かったように思います。

きっとどんな出会いも別れも、本当の関係性は、メタモルフォーゼしてゆくことのなかにこそ築かれるものだと強く実感しました。

千年一日の眼ざしからすれば、なにごとも一瞬の生滅なのかもしれませんが、それでも常に新しく変容し続け、今年も踊りに邁進したいと思います。

年明け早々には、天使館の公演、オイリュトミー版『日本国憲法を踊る』の稽古が再開します。

そして、四年振りとなるCORVUSの新作公演の準備も進んでいます。

秋には、自分自身初めての挑戦も待ち受けていて、いよいよ大きな正念場を迎える気分です。

元旦、まだ闇深いなか、木漏れ日ならぬ木漏れ月に照らされながら、武蔵御岳山に登り、初日の出を拝んできました。

世界はもう予断を許さない状況ですが、一呼吸一呼吸を大切に、皆さまにとって健やかな良い年となりますことを願っております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成28年 丙申

blogger-image-1750422333

Other 2015/11/19 02:59:25

35歳

私事ですが、11月14日、35歳の誕生日を迎えました。

Facebookやメールなどでお祝いメッセージ下さった皆さま、直接お声がけ下さった方々、どうもありがとうございます。

当日は『蝶たちのコロナ』日独伊三カ国語ヴァージョンの最後のゲネプロで、稽古後、天使館の仲間がお祝いして下さりました。

誕生日だったので、自分の人生のこれからが頭をよぎりますが、同時に、いま世界がどこへ向かおうとしているのか、むしろそのことで心砕かれます。

、、、僕は、世界というのは、身体でもある、と思っています。

そして、身体というのは、言葉から創られると思っています。

僕の身体のなかには、鏡に映る個人の身体だけでなく、両親や、兄弟や、先祖代々とつながっている見えない身体があります。

東北に生まれた者としての身体、人種や日本民族全体と通底している身体もあります。

あるいは、空気や、水や、熱など自然界のエレメンタルをまとった身体、

石や花や木々、虫や魚や鳥や獣たちなどと共有している身体性もあると思います。

そして、今は亡き人、恋人、親しい友人、これから地上に生まれてくるだろう誰かとも、身体は繋がっていると、、、。

だから、僕は世界に対しては、この身一つで向き合いたいです。

身一つで踊る身体は、だから、世界と踊っているのだと思います。

あまりにアンバランスな時代に対して、常にそのアンチとして、均衡を回復しようとするために。

誤解を恐れず白状しますが、かつてテロリストになりかねなかった僕にとって、世界にたいする最終手段は、もう踊りしかないです。

いま、世界と身体と言葉はバラバラになって、ほとんど崩壊寸前な気がします。

少しでも創造的な方向へ舵を切りたいと、バカなくらい必死でやっていこうと思います。

かといって悲壮感よりも、むしろ楽しい気分ですが。

「はじめに言葉ありき」という言葉を語ったのは人間ですから、世界と身体と言葉は、人体を通して一つに結ばれ、どんな破壊的な虚偽の時代でも、人間を通してのみギリギリの均衡を保つことができると、心に強く想います。

35歳の抱負「身体作りに励む!!」です。

皆さま、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

Other 2015/11/08 03:01:44

wwfes white 2015『AU(アウ)』

blogger-image-885887381

12月4日(金)〜13日(日)、森下スタジオにて開催されるwwfes2015。

NY在住のダンサー・振付家、山崎広太さんを中心に、Body Arts Laboratoryが毎年開催しているこのwwfesですが、今年から新たな試みとして、四名のアーティストによるキュレーター制のプログラムが組まれております。

僕は舞踏家の大倉摩矢子さんの企画で、音楽家の藤田陽介さん、水墨画家・美術ライターの鮫島圭代さんとのコラボレート作品『AU』に出演致します。

今回、建築家の木内俊克さんが森下スタジオの空間をデザインしており、フェス期間中にさまざまなパフォーマンスが行なわれるなかで、どのように空間が変容していくのかも見所です。

この『AU』は、2015年1月に行なわれたwwfes white 2015 プレイベント「アジア的身体について」で、「音・身体・墨―共鳴からうまれる滲み」と題して試演会を行ないました。

そこから今回の本公演に至るまでの創作過程は、写真家の久保貴弘さんの記録によって、Facebookページ「Nijimi-滲み」、およびWebサイト「AU」にて公開しております。

本番はフェス初日、12月4日(金)19:30です。

以下、キュレーター大倉摩矢子さんより↓

《この企画への出演がきっかけで初めて会った三人。打ち合わせや稽古のたびに時間と空間を共有し、積み重ねてきました。一人一人の持っている世界が交差し、響き合い、墨の滲みのように空間を染めていきます。その時その場限りの予期せぬ瞬間、『AU(アウ)』を、ぜひ観にいらしてください。》