KENTARO KUJIRAI & BARABBAS OKUYAMA 2020/03/01 22:21:21

鯨井謙太郒 × 奥山ばらば ローマ・ロンドン ツアー

KENTARO KUJIRAI & BARABBAS OKUYAMA Roma/London Tour 2020

 

英国ロンドンはノッティングヒルゲート、The Coronet Theatreにて開催されるフェスティバル「JAPAN 2020」に、奥山ばらば氏のソロ『TRIGGER POINT-Nature』、鯨井謙太郒 × 奥山ばらばデュオ『A HUM SAN SUI』が招聘されました。

 

またイタリア・ローマでは、天使館とも長年深い親交を育んでこられたマリア・ピア女史と私たちとの共催企画として、ローマ・ラ・サピエンツァ大学と提携し、4日間連続ワークショップと2つのデュオ作品『A HUM SAN SUI』、『Hi No Shi Du Ku』の上演を行います。

 

Rome

  

  May.8.Fri @TEATRO BASILICA

 8:00 pm Meeting with audience

 9:00 pm Performance 

“A HUM SAN SUI”   30 min.

“Hi No Shi Du Ku”    15 min.

  

May.9.Sat@TEATRO BASILICA

9:00 pm Performance

 “A HUM SAN SUI”    60 min.

 

May.10.Sun@SPIN TIME Labs

8:30 pm Performance

“A HUM SAN SUI”    60 min.

“Hi No Shi Du Ku”    15 min.

 

【CREATIVE TEAM】  

Scenography, A HUM SAN SUI

TOJU 

 Composer, A HUM SAN SUI

FUJIIIIIIIIIIITA

 Music,Hi No Shi Du Ku

Park Chang Soo

 Costume, A HUM SAN SUI, Hi No Shi Du Ku

MIKA TOMINAGA

 

Organized by Nobody Rose Production, KENTARO KUJIRAI & BARABBAS OKUYAMA

Collaborated by Rome University La Sapienza, Teatro Basilica, SPIN TIME Labs

 Supported by Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)

ACT_logo-03.jpg   2249b2dc-32b6-42d4-a372-eb18fb102c6e.jpg

 

 

 

 London

 

JAPAN 2020@THE CORONET THEATRE

Fri 15 – Sat 16 May, 7:30 pm

 

Barabbas Okuyama Solo

“TRIGGER POINT-Nature” 20 min.

Kentaro Kujirai & Barabbas Okuyama Duo

“A HUM SAN SUI”    60 min.

 

【CREATIVE TEAM】

Scenography, A HUM SAN SUI

TOJU

Composer, A HUM SAN SUI

FUJIIIIIIIIIIITA

Lighting Design

Takehiko Maruyama

Lighting Operator

Kazuya Yoshida

Additional Information

Photo: Top- Bozzo

Photo: Bottom- Pettendi Szabo Peter

 

Supported by Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)

 ACT_logo-03.jpg  2249b2dc-32b6-42d4-a372-eb18fb102c6e.jpg

 

 

 

*このツアーは、一年以上をかけて各国の関係者各位と共に企画・準備をしてきましたが、今般の新型コロナウイルスの世界的な感染被害と、その影響拡大によって、現在、様々な事態を想定せざるをえない状況となりました。

 

多くのリレーションシップの中に成り立っている舞台公演においては、今後どのような不測の事態が生じるか予断を許さない状況ですが、先行きの見えない時代の荒波のなか、私たちは刻々と変化する潮目を読みつつ、帆を張り櫂を漕ぎ、ダンスという生き方の燈を灯しながら未来へ渡り続ける努力をしています。

 

この混沌とした世界状況のなかで何を為せるか自問しつつ、いま様々な立場で困難な状況と直面している全ての方が希望を見出し、世界が一日も早く平穏を取り戻せる時を切に願います。

2020/3/26